資格取得

【2021年度最新】簿記を学ぶ理由とは?簿記検定の難易度や魅力を徹底解説!

簿記について徹底解説
本記事で解説していること

本記事では、これから簿記を学んでみたいと考えている人に向けて、簿記の概要・勉強する目的・試験方法など、これからの勉強に役立つ情報をまとめています。

ビジネス資格のナンバーワン資格であり続ける簿記とは、一体どのようなスキルなのでしょうか?試験の内容や難易度についても合わせて、確認しておきましょう。

あらゆる資格が存在する現代において、多くの人が仕事で使える実践的な資格として「簿記」を選択しています。本記事では、社会人の方へ向けて簿記の魅力を紹介いたします。

  • 「簿記資格が人気なのはなぜ?」
  • 「どんな試験なのか、ざっくり内容と難易度を知りたい」

このような疑問にお答えできるよう、簿記についての情報をお届けいたします。本記事を読んで、是非自分なりの学習プランを描いて頂ければと思います!

社会人が簿記を学ぶ理由

簿記は『帳簿記入』の略です。

簿記のスキルがあれば、企業活動で行われる多種多様な取引を適切に帳簿に記入することが可能です。また、売上と原価との関係をスムーズに導き出せるようになります。

経理関連職では、日々の取引の記録にも決算のための財務諸表をつくるためにも欠かせないスキルです。コンサルティングや金融業界だけではなく、一般企業の管理職や経理担当者にも簿記知識は必須です。簿記を使いこなせていないと仕事内容を理解できない場面が多くあります。

一般企業はもちろん、業種にかかわらず、売上や原価の数字を読むスキルがビジネスの場では求められます。

また、簿記は『会計の共通語』だといえます。

たとえば、旅行業界では英語スキルが、システム開発ではプログラム言語が必要です。同じように、ビジネス業界では簿記スキルが身に付いている必要があるのです。会計用語がわかっていなければスムーズに業務を遂行できません。

簿記ができるということは「財務諸表」と呼ばれる企業と関連の深い書類を読む能力が身につくということです。財務諸表については「簿記の目的」章に後述します。

社会人にとって必要不可欠なスキルであることが、ビジネス資格ナンバーワンに君臨し続ける理由なのです。

日商簿記検定とは

簿記検定とはどのような試験なのか、概要を見てみましょう。

主催団体の違い

簿記検定を行う主催団体は複数あり、社会人が受験するのは日商簿記または全経簿記です。

簿記検定の主催団体

  • 「日商簿記」…日本商工会議所
  • 「全経簿記」…全国経理教育協会
  • 「全商簿記」…全国商業高等学校協会

知名度は圧倒的に日商簿記が高く、簿記検定といえば日商簿記のことと捉えてください。

多くの簿記系サイトは、日商簿記を前提にした情報を扱っています。書店のテキストなども日商簿記が多くを占めています。

全経簿記検定について

全経簿記には特定の需要があります。

簿記からスタートして将来は税理士を目指したいという人は、読み飛ばさないで下さい。

税理士試験を受けるには

  • 「大学で所定の単位を取得している」
  • 「日商簿記1級合格」
  • 「全経簿記上級合格」

などの受験条件が存在します。

大学で税理士試験の条件となる単位を取得していない場合、簿記検定の合格が必須です。

日商簿記1級はしっかり勉強してきた人でも1度で合格することが、大変難しい試験です。全経簿記上級の問題内容は、日商簿記1級と同等レベルで出題されます。

しかし問題数や配点の関係上、合格率は日商簿記1級よりも全経簿記上級の方が高いと言われています。

そのため、税理士試験の受験条件を満たすために日商簿記1級よりも、合格率の高い全経簿記上級を受ける人が多いのです。

日商簿記検定の科目と試験時間

簿記検定の科目と試験時間は次の通りです。

  • 3級…商業簿記 60分
  • 2級…商業簿記・工業簿記 90分
  • 1級…商業簿記・会計学 90分 工業簿記・原価計算 90分

簿記の受験方法

試験形態は、ペーパー試験とCBT試験があります。

ペーパー試験

筆記で行われる大学や予備校で行われる会場試験です。

級数試験開催頻度
3級・2級年3回(6月、11月、2月)
1級年2回(6月、11月)
ペーパー試験の試験開催頻度

CBT試験

コンピューターを利用して行われるCBT会場で行われる試験です(CBT=Computer Based Testing)。

級数試験開催頻度
3級・2級通年(会場により日程を選択できる)
1級実施なし
CBT試験の試験開催頻度

ペーパー試験とCBT試験の違い

ペーパー試験は年に3回しかチャンスが無いので、仕事と両立するためには計画的な申し込みが必要です。一方で、CBT試験は通年行われているので、学習のゴールが見えてきてから申し込むことが可能です。

なお、出題データ元は、ペーパー試験とCBT試験は共通です。難易度に違いはなく、どちらも簿記スキルの証明価値に差はありません。

簿記試験の内容と難易度

簿記試験の内容と難易度について整理しておきましょう。

簿記3級の試験内容

「商業簿記」(100点満点)…購買活動や販売活動などの取引を記録・計算するための技能について出題されます。職種に関わらず、社会人が身につけておきたい必須知識が求められます。

100点満点中70点以上が合格です。

簿記2級の試験内容

「商業簿記」(60点満点)…購買活動や販売活動などの取引を記録・計算するための技能について出題されます。2級であらたに学習する論点には、リース会計や連結会計などがあります。

「工業簿記」(40点満点)…製品を製造するときにかかるコストを記録・計算するための技能について出題されます。

商業簿記と工業簿記をあわせて、100点満点中70点以上が合格です。

簿記1級の試験内容

「商業簿記」(25点満点)…購買活動や販売活動などの取引を記録・計算するための技能について、難易度の高い問題が出題されます。1級であらたに学習する論点には、キャッシュフロー計算書や包括利益計算書などがあります。

「会計学」(25点満点)…財務会計に必要な知識が計算問題として出題される他、企業会計原則や会計基準についての知識を理論問題として問われます。

「工業簿記」(25点満点)…製品を製造するときにかかるコストを記録・計算するための技能について、2級よりも細かく難易度の高い問題が出題されます。

「原価計算」(25点満点)…意思決定会計や予算編成などに役立つ考え方や計算手法について出題されます。設備投資をするか否か、予算と実績に生じる差異分析する手法などが出題されます。

商業簿記、会計学、工業簿記、原価計算の4科目あわせて、100点満点中70点以上で合格です。ただし、1科目でも10点未満の科目があると不合格です。

合格率でみる日商簿記の難易度

日本商工会議所によると、直近3年間(2019、2020、2021)の合格率は次の通りです。

級数 2018.6 2018.11 2019.6 2019.11 2020.11 2021.2 2021.6
1級 13.4% 9.0% 8.5% 9.8% 13.5% 7.9% 9.8%
  2019.2 2019.6 2019.11 2020.2 2020.11 2021.2 2021.6
2級 12.7% 25.4% 27.1% 28.6% 18.2% 8.6% 24.0%
3級 55.1% 56.1% 43.1% 49.1% 47.4% 67.2% 28.9%
2018~2021年度の日商簿記検定の合格率
(参考:日本商工会議所HP内『受験者データ』)

日商簿記の試験は、出題内容が広範囲かつ読解力が必要な試験です。しっかりと対策をしなければ合格できないということが、合格率から見てとれます。

簿記の勉強法は?独学がいい?講座?

簿記の学習は、数字に強い方であれば完全に独学も可能です。しかしながら数字に少しでも苦手意識がある方は注意した方が良いかもしれません。

知識がゼロの状態でも、段階を踏めばある程度は独学で学習が可能です。

独学のリスクとオンライン資格講座の活用

独学の場合、決算問題に差し掛かった時に解けない可能性があります。

一般的に簿記の学習で独学が通用するのは3級までといわれています(個人差がありますが、独学が苦手な方の場合は2級からは理解が難しい部分が多数あります)。簿記2級からは難易度がぐっと上がります。学習ペースなどの配分についての指導を受けられる、通学講座やオンライン資格講座のスタディングなどを活用して、効率的に学習した方が良いでしょう。

また、簿記2級の商業簿記の学習内容は簿記3級の知識が土台です。簿記3級範囲にあやふやな部分が少しでもあれば、すぐに振り落とされてしまいます。簿記3級受験の後に簿記2級受験を少しでも意識しているなら、3級から順番に学習することをオススメします。

簿記3級を独学で合格するために必要な教材・学習方法をこちらの記事で紹介しています。合わせて見ておくとよいでしょう。

https://shikaku-antenna.com/accounting/bookkeeping/b-3/textbook-for-b3/

簿記検定「勉強の極意」

合格への近道となるポイントを紹介します。

必ず簿記3級から学習する

簿記2級以降の学習は、簿記3級で身につけた知識が前提で進みます。

日商簿記検定は午前と午後で時間が設定されているので、ダブル受験(簿記3級と簿記2級を同じ日に受けること)が可能です。受験料や日程などの関係で、簿記2級だけを受けたい事情の人もいるでしょう。それでも、学習は必ず簿記3級から始めて下さい。

たくさんの問題を解く

簿記では「借方」「貸方」といった独特の考え方をします。そのため、効率よく学習するよりも慣れることが秘訣です。テキストを理解できるまで読み、問題集を繰り返し解くことが大切です。

簿記の目的とは

最後に簿記の学習に興味を持って貰えるように、少し詳しく簿記の「目的」を紹介します。

財務諸表について

帳簿記入は、どの企業でも同じ会計ルールに基づいて行われます。その理由は『簿記の目的』にあります。簿記の目的とは、「利害関係者への会計報告をするために、信頼性のある”財務諸表”を作成すること」です。

財務諸表は、企業の利害関係者など、外部へ決算報告を行うための会計資料です。なお、財務諸表の作成は、会社法や金融商品取引法などで義務付けられています。

財務諸表には

  • 「貸借対照表」
  • 「損益計算書」
  • 「株主資本等変動計算書」
  • 「キャッシュフロー計算書」
  • 「連結包括利益計算書」

などの種類があります。簿記3級の学習を終えると、貸借対照表と損益計算書の問題を解けるようになります。

これらの財務諸表は、どのように利用されるのでしょうか?

  • 株主…投資の判断
  • 金融機関…融資の判断
  • 取引先…売掛金の回収可能性予測
  • 従業員…業績の判断、ボーナス予測

など、様々な立場で財務諸表が役立っています。

財務諸表の役割とは

次に、財務諸表に求められる機能の例をみてみましょう。

  • 財務諸表は、日々の取引が帳簿に記入されたものを集計して作成される
  • 財務諸表は、投資や融資の判断材料となる
  • 財務諸表は、同じルールに沿って同じ形式でつくられる
  • 共通のルールで作られた財務諸表だから比較できる
  • どのような立場の人にとっても、財務諸表は正しいものであるべき

この様に、財務諸表にはさまざまな役割と根拠があるのです。

そのため、財務諸表のもとになる帳簿記入そのものが、統一された会計ルールにもとづいている必要があります。結論として、正しい財務諸表をつくるために、簿記のスキルが必須なのです。

まとめ

簿記が人気資格である理由と、簿記検定の内容や難易度などをお伝えしました。以下に本記事のポイントをまとめておきます。

  • 簿記資格が人気なのは、簿記は財務諸表を作るにも読むにも必要なスキルだから
  • ペーパー試験とCBT試験がある
  • 簿記3級では「商業簿記」という企業活動での取引を記録・計算する技能が問われる
  • 日商簿記3級の合格率は50%前後
  • 簿記は、さまざまな場面で役立つ魅力的な資格

是非、最新の出題傾向などもチェックしてみてください。簿記は非常に価値のある資格なので、学習を迷っている人は是非一度触れてみる事をオススメします!